ペンション・モーツァルト日記

山中湖畔・平野の森の入り口にある“ペンション・モーツァルト”の日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サハラ砂漠紀行 ⅩⅢ  ‘イニシエーションの旅’

‘ 漂泊の思いやまず ’‘日々旅にして、 旅を栖とす ’

この芭蕉の言葉に習い、リュックの中は隠しもできぬ命一つで、赤道地帯を放浪した日々は、いまや私の中で、過日の栄華に満ちた黄金の季節となり、時に熟成されたその芳醇な香りに包まれるたびに、不思議な望郷の念に駆られます。

砂漠

命がおおらかに息づく赤道の旅では、人はこんなところにも住むものかと思うほど、あらゆる場に人の暮らしがありました。
そこにつつましく生きる人々は、太古以来の風土の、山や川や森と同じ不可欠な点景として風景にすっかり溶け込んでいました。

もう日本では、とうに失われてしまった、昔ながらの変わることなく繰り返される素朴な暮らしが、栄えある神々の豊かな神話や伝説に守られ、大自然と共に生きる叡智から生まれ出た風習とともに、今もこの同じ時代に営まれています。

人々が伝える美しくもまた不思議な様々の風習の中でも、とりわけ私に強烈な印象を与えたのは、若者が部族の大人の世界に迎え入れられるための通過儀礼(イニシエーション)の風習でした。

ネイティブアメリカンのある部族の若者は、弓矢と火をおこすヤジリだけを携え、荒野に3ヶ月たった一人で生きのびねばなりません。
その試練の始まりの日から、村人総出で迎える聖地での成就の暁の日まで、彼の心の中には、どのようなドラマが起承転結するのでしょう?
荒野における彼の心の旅路の果てに生まれる明星に、思いを馳せざるを得ませんでした。

民族の文化や伝統の何千年にわたる不文律が、このイニシエーションの試練を通じて、一人の若者の生身の命に刻みこまれます。
命の火が手わたしで世代を伝えられていくように、心の灯となる古代の叡智が命から命へと伝えられていく有り様を観て、人は日常の時に重ねて、時を貫く、曼荼羅のように壮麗な神話的領域をも生きるものなのだということを、私は知りました。

それは、雪解けの大地を穿ち、初めての太陽のまぶしさの中で、すっくと双葉を開く野の草たちのように、地の万物が億万年絶えることなく、宇宙のまっただ中で歌う生命讃歌の隊列に連なるものでした。

地球のあらゆる地で民族の未来を託するためになされる、この白刃の門をくぐるようなイニシエーションの厳しい試練が、まさに彼らを作りあげたのです。その試練の旅路の果てに生まれたであろう輝きは、いったい彼らに何を伝えたのでしょうか。若き釈迦もイエスも荒野を彷徨されたのち、暁の明星を観て道を開かれたといわれています。

私の生地四国では、山野の荒行の最後の場を求められた空海が、太平洋の荒波が穿った洞窟で、曙に先立ち水平線より昇る明けの星の眩いばかりの妙光に射られて、悟りを開かれたと伝えられています。

この茫漠たる闇のただ中に突如出現する一点の光りは、この宇宙の中で、物質と反物質が出会ったとき、互いの‘対消滅’により誕生するという‘光り’の本性そのままに、人がアッ!と息をのむその瞬間、オセロの黒を白に反転させ、実在を支配する時系列を断ち、因果律のくびきを放ち、人の心を虚数のようなある永遠性で満たすのでしょうか。
そのとき、白昼の空虚のような人の心のスクリーンは、何を写しているのでしょう。

美しいチュニジニアンブルーの地中海に面した古代カルタゴの遺跡から始まった砂漠の旅は、私には思いもかけず、このようなイニシエーションを体験する心の旅路となりました。

思えば、あまたの旅はこのような体験するために、人を呼ぶのでしょう。
更には人生そのものも、日々その門をくぐる旅なのでしょうか、遠くサハラに発したこの道は、私の中では今も終らず、目前には地平線の彼方まで更なる道が続いています。

さえぎるもの何一つない360度の地平線という場を、私たちは持ちません。サハラ砂漠を初めて訪れた者を最初に襲うのは、その前には自らを消失してしまいそうにさえ思えるほどの圧倒的な砂漠の存在感です。

この天地の巨大さのまえには、私たちの慣れ親しむ、いかにも人の身の丈にあった手頃な空間意識は、完全に壊れてしまいます。
このような日常感覚を断ち切る場では、その喪失と共に‘私’をも、まるで服でも脱ぐかのように失って、もはや身を守るもの一つ無く、生命そのものでしかなくなります。

しかも、この生命は自からの手によるものでなく、気が付けば既にここにあり、なぜ宇宙の一点、今ここにあるのかを答えることもできません。
そのとき人は、その場においても、また自らの命の中でさえエトランジェとなり、寄る辺を失う恐怖を招くのではないでしょうか。

しかし、この恐怖の底を見据えることこそが、イニシエーションの第一の試練となりました。


    …‥‥・つづく・‥‥…
スポンサーサイト

サハラ砂漠紀行 ⅩⅡ  二重螺旋の秘密

昔むかし、あるところ…、サハラに渡るために、南イタリアの名も知れない小さな村を訪れた時のことです。とても不思議な事に出会いました。

もう、一日もいれば、その村の家の数さえ数えられそうな小さな村でした。すみれ色の夕靄に包まれて、ニセアカシヤやミモザの花の香りが一日の安息を人々に与える頃です。異邦の地の独り身ゆえに人恋しさがつのります。宿の主人に尋ねると、人の集まるにぎやかなところがあるといのです。

エニシダの垣根が続く小高い丘を降りていくと、時まさに眼下の地中海のチュニジアンブルーのみなもが落日に、かのヘルダーリンが歌ったアポロンの古代金に染め上げられていました。

‘アァ!あの黄金のさざ波うつネプチューンの王衣の向こうに憧れの地があるのだ’とそのまぶしさに目がくらみました。金色に発光する海の彼方から、たしかにカルタゴの海を埋め尽くす大船団と共に偉大なサハラの風が吹いてきました。

サハラの薫りに我を失い時を忘れたしばしのち、黄金海が夕闇のなかに過日の栄えのごとく消えゆくと共にその幻も消え去り、行く手に一つ二つほの暗い明りが見えてきました。生い茂った木々の枝のシルエットの向こうがほの明るく、かすかに人の気配が漂います。

小さな丸い広場でした。数十人の人がいるようでした。しかし実に奇妙な集まりです。人々が輪になって歩くでもなく歩いています、しかも二重に。内側の輪の人は時計回りに、外側の輪の人は反対回りに、一言二言の挨拶が、水紋がみなもを伝わるように廻っています。

それは、まったく理解できない光景でした。
古代バラモン僧が永遠のために捧げる、千年止むことのない勤行のようでした。人々は一人一人出会う毎に、軽く会釈するのですが、挨拶の言葉は聞き取れぬほど秘めやかです。まるで、口から出た言葉が相手をその勢いで壊しかねないのを危ぶむごとくなのです。そして、輪はただ回りつづけます。

彼らは、一体なにをしているのか、盆踊りでもなく…。人ごとながら、結末のない劇を見ているようで、わけもなく焦燥感がつのります。

しかし、やがて夜が更けると共に私は感じてきたのです、夜の闇が、果実が色づくように色づき熟れた香りを放ちはじめるのを。目に見えなくとも、その場は潮の高まるように何かの熱気を孕みつつありました。

人一人がそこに在る時、私たちはただたたずむ人をも幻とは思わず、確かにそこにいると感じます。それは、目に見えず耳に聞こえなくとも、人の内なる脈うつ力を、自らが在るのを汲むのと同じ器で、両手で清水を汲むように、汲み取るからではないでしょうか。彼らは見つめ合うことで、互いにその力を汲み取り合い、与え合ってていたのです。

まるで、遺伝子の二重螺旋が、共に手を取り合い、回りながら昇化していくように!それを為す人には、もはや言葉はいらず、ただ瞳と瞳を結ぶだけでよかったのです。


人が大きな窓から、その朝(あした)初めての富士を見ます。その時、見る人はどなたも、見たとは言わないでしょう。ただ見ただけなら、寝ぼけた夢幻も見るのです。それは、今まさに人と富士が‘出会った’としか言いようのないなにものかです。

そして、瞳から瞳へ流れるように富士の存在が放つエネルギーをいただく事になるでしょう。私たちはその力にに共振し、命が高まるのを感じます。

たぶん、私たちはそのような共振関係で、人や世界と結ばれ、また結びかえすのではないでしょうか。南イタリアの小村の村人達は、何千年何万年そのようにして、互いの生きてることを言祝いでいたのです。



     …‥‥・つづく・‥‥…

 | HOME | 

Appendix

::: Pension Mozart :::

::: Pension Mozart :::

山中湖畔“ペンション・モーツァルト”は、四季折々の彩りに満ちた美しい森の中で、あなたをお待ちしています。

Calendar

« | 2006-06 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。