ペンション・モーツァルト日記

山中湖畔・平野の森の入り口にある“ペンション・モーツァルト”の日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

星の香り




アルキオネ☆さま
      ↑
お名前の後についてます【☆】!、なんの星かご存じですか?

なに気なくつけれられたのやしれません、でも人が為す‘なに気なく’には、すべて人知れず深いわけがあります。
心を澄まし、その‘何気なく’の小道を分け入ると、いつしか思いもかけない美しさに生きづくものと出会うことがあるでしょう。

神秘思想家のルドルフ・シュタイナーは、‘人は自らの心の中に湧き起こる感情の小道をたどり、その森の奥深く分け入ることで、超感覚的認識に至る’と云いました。

それは、私たちがあたりまえに享受している、この人というありようやそれを包む世界は、人の思いを遙かに超えて深く大きく、人はその全容を手でつかみ、王のように振るまうわけにはいきません。

しかし、人が世界(宇宙)という豊穣な大地から芽生えて、今ここに天を仰ぐ一輪の花として咲いているなら、その花の放つ香気とも云える感動や感情は、必ずやその大地の滋養の一滴を含むはずだ、とのシュタイナーのヴィジョンによります。

私達の命は、自分の命といえど人は創れず、それが存するためにはこの地球上に初めて脈打つものが生まれてこの方、37億年の生命史の由来を持ちます。

その由来を作り導くイデー(ことわり)を花から根へと、そしてそのその生まれ故郷の豊穣な大地へと、自由な想像力を羽ばたかせ訪ねれば、そこはあまたの神話の薫香の満ちる邦となり、いつしか私達のもその邦の住人となっていることでしょう。

そして、私達は皆ひそかに知っています。
‘私は、人という着物を着ている、人であらざる何者かではないのか’と!
シュタイナーは、その何ものかへ至る道を教えたのですね。



    膨大な砕氷を噴出する土星の月 エンセラダス




その☆は、夢の中に出てくるような、たとえば七夕の織り姫【ベガ】です。
全天一美しい輝きを放つ恒星で、よく‘宇宙のダイヤモンド’と言われます。

ベガはそのあまりの美しさゆえ、もはや人は目で見ることはできません。
魂を開き、胸の芯で、その命の燃える場でしか受け止められないでしょう。。。

そして、寄せ返す波のごとく訪れるあまたの夜に、人が星との逢瀬を重ねるうちに、いつしかそれは胸に住み着き、宿星として人が生まれ持ちきた使命を果たすべく、その人生を導きます。
人にはそれぞれ、このように胸のなかのポラリスとなる星があるのでしょうね。

人がなに気なく夜空を仰ぐうちに、何か語りかけてくるように思える星と出会うことが、いつかきっとあるでしょう。
そして夜空を見上げる毎にその星を捜すようになり、その輝きを味わうようになります。

そして、いつかはその光りに包まれるだけでなく、夜気のしじまの中に、その星の香りを聞くことにきっとなるでしょう。

香りはその中に、人の心をとらえてやまぬ高いイデーを宿しています。
そしてそのイデーこそが、人が探し求めていた、命の生まれと共に携えてきた使命を教えるものなのですね。

宇宙はただ物理だけでできているのではありません。
一つの生きものとして生きており、その命の流れゆく行き先を見つめる目を持っています。

そして、見ることのかなわぬ物達に成り代わり、見ることができ、その目の見つめる先を想うことのできる人に、この小さき身一つをもって、宇宙の瞳となる使命を託したのだろうと思います。

この事に、宇宙が137億年の営みの果てに、人を生み出した意志を感じます。



カッシーニが捉えた土星による皆既日食のダイヤモンドリング出現の奇跡的瞬間




私どものフォトアルバムにはたくさんの宇宙の写真があり、その一つ一つ美しいものですが、その場で行われていることは人の物差しでは測りきれない壮大なものです。

その現場に、もしこの地球が紛れ込めば、一瞬にして木っ端微塵になるぐらいの巨大なエネルギーの爆裂している場もあります。

しかし、今ここに人も生き、ミクロの命も共に生きてあるように、マクロもミクロもその中に働く最後の原理は同じです。

何千億個の星達を飲み込むブラックホールや、大銀河を瞬時に破壊したほどの超新星爆発!、

そんな巨大なエネルギーを司る原理が、野の小さな花一つにも降りてきて、そを生かしめる、その計り知れない優しさに、無垢なるジャスティス(正義)を感じます。

そしてその原理は、ジャスティス(正義)であるが故に、一点の汚れも濁りもなく、まるで澄みきった水がそこに水があることを教えないように、私達が知らなくても人の命の底を支えます。

大きなものにも、小さいものにも分け隔てなく与えられる、この力に自ずから備わる叡智の深い海の底から、絶えず水泡が昇りつづけ、人の意識のみなも(水面)に《美しい!》という水紋を幾重にも描きます。

美しい!という感動の小道をたどった先にあるものの大きさを想わしめられますね。

星を見ながら、その光りの水を掬うと、手の中に天から降りてきた、その力の精でもあるかのような、澄んだきれいな珠が載せられるようにいつも想います。

そして、その珠を見つめているうちに、

‘アア、この珠から命はやって来たのだ、137億年の時をかけて!’

との思いがこみ上げてきます。
その遥かな大きな旅を思うと、誰しも命を私物だとは思えなくなるでしょう。

そして、私の中に命があるのではなく、むしろこの壮大な時を掛けて創られた命のなかに私があるのだと、思わざるを得ません。

それは砂漠の民ベドウィンが、何千年と、ただの一度も消すことなく燃える火を伝えていくように、命あるものから、命与えられるものへと、この脈動する宇宙を生かしめる血ともいえる時の手に守られて、途絶えることなく伝えられていく宇宙の宝ものなのです。



.        母船との命綱を切り、ただひとり宇宙に浮かぶ。眼下に浮かぶ我が地球、地球よ、おまえは私のすべて!


スポンサーサイト

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://pmozart.blog57.fc2.com/tb.php/12-0e58e3ca

 | HOME | 

Appendix

::: Pension Mozart :::

::: Pension Mozart :::

山中湖畔“ペンション・モーツァルト”は、四季折々の彩りに満ちた美しい森の中で、あなたをお待ちしています。

Calendar

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。