ペンション・モーツァルト日記

山中湖畔・平野の森の入り口にある“ペンション・モーツァルト”の日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サハラ砂漠紀行 ⅩⅠ  ‘ サハラの風 '

赤や黄や黒の原色、 金やスズや銀、 太陽やカルタゴの海、永遠なるものへの憧れを秘めたチュニジニアンブルー、そして黄土色や赤茶けた大地…。

異国を訪れ、一番始めにその異文化の鮮烈な洗礼を受けるのは、その風土に特有の色彩です。初めて訪れたアラブは、まずは大地と空の色からして、私の常識を壊しました(笑)。そして、ここが大砂漠の重力に支配される地であることをあらためて私に教えたのです。

この信号機の赤と青がひっくり返るぐらい色の文法が異なるアラブの街で、不用意に目を開くことは、壊れた万華鏡を無理に覗かせられたような支離滅裂な印象にめまいをおぼえるほどでした。

しかし、この私達の許容の域をはるかに超え、熱を帯びてあふれかえるアラブの色彩の魔力に幻惑され、いつしかそれを愛するようになるのに、そう時はかからなかったのです。

“旧約”の悠久の時代から漏れてくる、時にあせた没薬や乳香の香り…

人を蠱惑するブロンズ色のなめらかな肌から薫る香油…

アラブの男どもの太鼓腹をつくる秘薬めいた食物のスパイスや炒られた油の匂い、ラクダの獣臭や羊肉臭…

ひからびた大地にしみこんだ計り知れない量の血と汗の匂い…

甘く爛熟した熱帯の夜にむせかえる花の香り…

そしてそれら全ての上を超越し、吹き抜ける大砂漠サハラの存在を教える風。

私は、この偉大なる香りにあらがう術もなく引きつけられ、おののきながらも至高の地サハラを目指して、魂の本能の命ずるまま一歩一歩、心の中の階段を登っていきました。

大サハラの頭部を飾る花飾りのように点在するこれらアラブの世界は、五感を刺激する全てのものが大気の熱にあぶられ、エロスとタナトスが織りなす七つのベールを舞うサロメのあらわな美しい臍が、喧噪と混沌の渦の中を、すべての耳目を引きつけながら奈落の底に落ちていくように“タブラ”( 魂の恍惚 )の大鍋に落っこちて、ごった煮されているようなものでした。

しかし、時まさしくモスクの天を指さす美しいミナレット(尖塔)から、祈りを呼びかける‘アザーン’の声が響きわたり、クルアーン(コーラン)の祈りの読唱が永遠に続くかのようなアラベスクの尾を引きながら大気に溶けて町を覆うと、それまで四方八方ハチの巣を突いたような喧噪で、町全体がうるさい大いびきをかいてるような騒ぎは、巨大なアラブのランプに吸い取られ、万の群衆がうごめき、ざわめくスーク(バザール)もなにも辺り一面を深い聖なる静寂が包みます。

目の前の同じ町が、瞬時のちに魔法のようにこの世のものとは思えぬものに変わりました。

曙の礼拝(ナンと、丑三つ時を少し過ぎた3時から4時過ぎ!アラブを旅する人の悩みの種です、笑)から夜の礼拝へ、一日5回の「アッラーヘアクベル」(神は偉大なり)の言葉と共に、立ち、ひざまづき、両手を前に頭を深く拝する祈りの姿は、彼等の魂の中で白鳩が天に向けて登り続け、光りの中に溶け、やがてそれが慈雨となり彼らに降り注ぐ、まるで‘メビウスの輪’のような美しい出来事を私に見せました。

この人々の祈りの思いが異邦人の私の肌を包み、つい先程までのむせかえるような熱気さえ、モスクのファサードを飾る神秘的なアイスブルーのタイルのような涼やかな冷気に変わり、共にこの身を包むのでした。

この聖と俗の融通無碍こそがアラブの神髄であり、それは国土の大半を征する大砂漠が人の決して手なづけることの出来ぬ、人を遥かに凌駕する存在として磁場のごとく、町をそして人々の心を畏敬の念で秘かに治めていることの証しでありました。

それはまるで白昼夢を見ているかのようなマジカルな光景でした。


  …‥‥・つづく・‥‥…
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://pmozart.blog57.fc2.com/tb.php/3-6ffa634c

 | HOME | 

Appendix

::: Pension Mozart :::

::: Pension Mozart :::

山中湖畔“ペンション・モーツァルト”は、四季折々の彩りに満ちた美しい森の中で、あなたをお待ちしています。

Calendar

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。